レターNo.90「“キラキラ自分ブランド”づくり」(2021年2月1日)

“キラキラ自分ブランド”づくり

 こんにちは、お変わりありませんか?
 陰暦の二月を「如月(きさらぎ)」と言います。好忠集(曾丹集)に「わぎもこが 衣きさら ご風さむみ、ありしに まさる心ちかもする」とあります。・・余寒なほ厳しくして着物を更に着るから・・、季節を情感豊かに表現し、雅やかです。
 さて、明日は節分、明後日3日は立春、暦の上では春の訪れです。お花屋さんの店先には、軽やかなパステル調のお花が並び、我こそはと自分をアピールしています。

 今月のLetterは、「“キラキラ自分ブランド”づくり」です。 
 皆様の尊敬する人や、目標とする人を思い浮かべて頂けますか? その方にはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

 私が今まで出会った方々で、尊敬や、目標とする人は、皆様を始めとして、たくさんいますが、その中に憧れの二人がいます。二人は、仕事の内容も性別も違い、お互いは知り合いではありませんが、印象がとても似ています。二人共、人当たりがよく、誰からも「いい人」と言われるような人気者です。仕事もバリバリ熟していますので、当然のごとく大変多忙な日々ですが、常に笑顔で、爽やか、ゆったりしています。憧れです。 
 彼らの最大の共通点は、「口グセ」をもっているところ。 Xさんの「口グセ」は「素敵!」、Y氏の「口グセ」は「素晴らしい!」。
 二人のモノマネをする人がいたら、必ずこの「口グセ」を使うでしょう。直ぐに「Xさんだ!」「Yさんだ!」と、分かる程、定着している「口グセ」です。この「口ぐせ」は、そのまま彼らのパーソナリティとブランドになっています。
 二人とも人をよく褒め、Xさんは「素敵!」、Y氏は「素晴らしい!」を繰り返します。時々思いっきりダメ出しされることもありますが、嫌な思いをしたことは一度もなく、むしろモチベーションが上がります。
 彼らが周囲から信頼され、愛される理由の一つは、相手(周り)を幸せにする「口グセ」にあります。
 
 言葉は「魂」です。ポジティブな感情がこもった言葉(言霊)は、人間関係を豊かにする効果が期待できますし、逆にマイナスの発言ばかりしていると、ネガティブな言霊が作用して、人間関係にトラブルが生じる危険性が高くなります。
 付け加えれば、“相手(周り)を不快にする「口グセ」”もあるということです。例えば、私の嫌いな「口グセ」は、「要するに」「そもそも」「基本的に」「つまり」、「でも」「どうせ」・・・等です。「口グセ」でなくても、使いたくない言葉達です。
 良くも悪くも、「口グセ」は、コロナのように移ります。心理学の「単純接触効果」で、友達同士や、先輩と後輩が似てくるのがこれです。ならば、よい言葉を使う人の側にいた方が絶対よいですね。

 “素敵な「口グセ」”をもっていると、お人柄、パーソナリティが、その言葉通りになります。現にXさんは、本当に「素敵」ですし、Y氏はお人柄が「素晴らしく」、側にいると自分自身も「素敵」になったような錯覚に陥ります。 

 「口グセ」こそ、自分ブランド、イメージづくりに力を発揮します。“キラキラ自分ブランド”づくりは、素敵な「口ぐせ」から! 
 今年は、素敵な「口グセ」パワーで、自分も周囲もハッピーにしましょう!\(~o~)/

 さて、話は変わりますが、マスク着用の生活も足かけ3年、11都府県エリアを指定した、2回目の「緊急事態宣言」からもうすぐ1ヵ月、毎日発表される感染者数も高い値で推移し、一喜一憂の日々ですが、今の時点では全国的にも収まる気配は感じられません。また、イギリスで特定された変異株/B117型は、日本でも感染者が出ました。感染力、致死率共に高いといわれ脅威です。
 パンデミック収束のカギは、ワクチンと国民の協力体制と考えます。力を合わせて、この難関を乗り越えて参りましょう。
 一日も早い、平穏な日々の到来を心から願っております。
 皆様も、心身共に自愛下さい。                    

LOVE
植田亜津子

 

追記:

☆2月27日(土)は「第8回ビジネスマナー・インストラクター研究会」をオンラインで行います。
☆セミナー時に召し上がって頂きたい「スイーツ」を、25日~26日頃ご自宅にお届け致します。多くのご参加をお待ちしております。
☆「スイーツ」は、全会員にお贈りいたしますので、参加できない方のお手元にも届きます。ご安心ください(*^_^*)v。
☆スマートフォンでも参加できます。ズーム(zoom)の操作がお分かりにならない方は、お早めに事務局の佐野・岩崎・植田にお気軽にお問い合わせくださいませ(03-3812-9111)。

 

〒112-0004 東京都文京区後楽2丁目2番17号 NBD三義ビル

03-3812-9111(代) / FAX.03-3812-8213

お問い合わせ