会長・経営学博士 三義 智章

会長挨拶

 激動する国際的な金融経済情勢の中で、揺るぎなく強力なリーダーシップを発揮しなくてはならない今日、長期化した平成不況やマイナス金利政策などの影響を受け、金融機関の地域貢献力と業績は今一歩という状況です。

 曽ては、七十有余年前の終戦から僅か十年足らずで年率10%超の高度経済成長時代、そして世界第二位の経済大国となった日本の経済を支えた我国金融機関の活躍振りは、全国的に商店街や町工場をはじめ個人の家計に至る迄、全てに軒並み訪問して、預金業務は勿論、貸出金、各種ローンの相談など、地元になくてはならない存在として活躍してきました。つまり、此の取組姿勢と業績格差は人財育成研修格差から生まれ、金融人は大きく育ってきました。

 これからの厳しい国際社会をリードするには、やはり人財育成をベースとした強力なマネジメントパワーが不可欠なのです。

 幸い、私共NBDコンサルタントグループは都心文京の杜に“人財育成道場”として本社を構え、一般社団法人全国経営診断士協会の資格ライセンス認証とコンサルタントの育成で、原点回帰も踏まえて逞しくダイナミックなパワーを産み出す人財育成研修と新時代に適わしい、知識・技能・情報提供を致しております。

 時代を先取りし、定評ある講師陣一同が待機いたしておりますので、お気軽にご活用戴けますようお願い申し上げ、皆様のご繁栄と御発展を心からご祈念申し上げます。

敬白


 

 

 

日本ビジネスドック株式会社
代表取締役  植田亜津子

社長挨拶

不変の企業理念と時代に応じた変革で第二の成長を目指す

 当社は、現会長である三義智章が、経営指導支援コンサルティング並びに、人材能力開発・育成を目的とした専門家集団「日本ビジネスドック診断指導協会」を1965年4月に創業致しました。

 お陰様で、2015年4月で50周年を迎えることができました。これまでご愛顧頂きましたお客様に深く御礼を申し上げると共に感謝致します。

 現在、当社は次の100周年に向かい、社員・講師陣が一丸となり、強い信念を持ち、成長と飛躍を目指し、常に挑戦者としての気概を持ち続け、お客様から「信頼」され、「選択」される、専門化「プロ」集団であることを目指して邁進中でございます。

 日本企業は、人口減少・高齢化・労働力不足・グルーバル化、また、テクノロジーの飛躍的進展と革新的なデジタル化により、かつて経験したことがない、ビジネスモデルの大転換が迫られています。高い変動性と不確実かつ複雑で先行き不透明な環境下、企業は多くの解決困難な制約条件を所与し、持続可能な社会の実現に向け、どうあるべきかの答えを出さなくてはなりません。

 また、企業は今後、付加価値や生産性を向上させる上で、ダイバーシティマネジメントへと転換せざるを得ない状況下にあります。これまでの成功パターンは踏襲不可能のため、相当の覚悟が求められます。 

 このような予測不可能な環境下では、人材開発分野に大きな期待が寄せられてきます。企業が、社会的な要請を満たしつつ継続的に成長を遂げるためには、やはり「企業は人なり」です。

 当社は、お客様のビジネスの状況、及びそれに伴う人材育成課題をしっかりと踏まえた上で、実証された手法やコンテンツを活用して、ビジネスの変革と人材育成の加速化を全力でご支援いたします。

  お客様のビジネスの成功、及びそれにともなう人材の育成・活躍に携わり、お客様のよりよい、未来を築く最善のパートナーであり続けることを、社員・講師一同力を合わせて目指し続けて参ります。