「Four-Leaf Clover」レター No.74

身近な小さな幸せ
 
 いよいよ今日から12月、1年の締めくくりで、何かと気忙しい1ヶ月が始まります。
 12月の慌ただしさは、無事に新年を迎えるための準備に追われるからです。しかし、今日はソワソワする気持ちをひとまず置いて、自分自身に、「今年一年お疲れ様でした」という感謝の気持ち込めて、普段の生活の中で、自分だけの「ちょっと幸せ」と感じた瞬間を思い出してみましょう。

 例えば私の場合・・

その1:しらす干しのタコ
 大分や愛媛に出張した時は必ず、空港で「しらす干し」を買います。実はしらすよりも、そこにこっそり隠れているタコやイカを見つけることが好きなのです。「アッ!タコ見っけ!ホラホラ~」幸せの瞬間!
 しかし、タコやイカで喜んでは未だ甘い、海の赤ちゃん達は沢山隠れているのです。先日スーパーのしらす干しパックを買って探してみたら、タコ2匹、イカ1匹、カニ2匹、エビらしきもの5匹、多分シャコ3匹、小さい魚の赤ちゃん12匹、長いツノをもつ正体不明な生物7匹、が混入していました。それをガラスのお皿に並べて「ミニミニ水族館」をつくります。デジカメで「パシャリ」。幸せの瞬間!
 以前タツノオトシゴが入っていて驚いたことがあります。しらす干しは魚図鑑より面白いです。しかし、最近は、選別器の機能性がアップしたのか、幼魚混入は少なくなってきていますが、スーパーで買う「しらす干しパック120グラム」には未だ未だお宝が隠れています。

その2:双子の卵
 目玉焼きを作ろうと、卵をフライパンに落としたら、なんと黄身が2つ飛び出してきてびっくり(@_@)。しかし、これでは終わらず、次も双子の卵。こんな時は取り急ぎ写メ。“今日は何と幸せ!神様がご褒美をくださった!”この意外性が1日をハッピーに。

その3:トマトのハート
 八百屋さんで買って来たトマトを2つに切ると、“お~、ハート!”、断面がきれいなハート型になっていました。早速写メ。人はハートを見るとなぜか嬉しくなります。しかもそれが作られた物ではなく、偶然にできた物。何とロマンチック!幸せの瞬間!その時はハートのままお皿に盛り付けました。

その4:朝紅茶
 朝はコーヒーを飲むことが殆どですが、時々スタッフがアールグレイの紅茶を入れてくれます。“コーヒーはビジネス”“紅茶は優雅なひととき”と考えている私に、朝のアールグレイは、ちょっと優雅な1日のスタート。幸せな気分にさせてくれました。

 な~んだ、植田の“幸せな瞬間”は食べ物の事ばかりじゃあない!実はそうなんです。未だ未だ幸せの瞬間はたくさんありますよ!
 夏にそうめんや冷や麦を食べますが、その中に緑やピンクのそうめんが2~3本入っています。そんな時、“ピンク!”と、人に見せながらツルー!これ、幸せな瞬間!
 炊きたての白いご飯の底をそっとみて、お焦げがあれば「ラッキー」。茶柱が立っていると、心の中でそっと「ラッキー」など・・。

その5:日刊スポーツとスポーツ報知
 スポーツ観戦が好きで、先月はラグビーや野球などをテレビ観戦していました。朝、日経新聞のスポーツ欄を真剣に読んでいる我が姿をスタッフが横目で見ながら、「スポーツ記事は日経より、スポーツ新聞ですよ!」と笑いながら言いました。彼は翌日、「日刊スポーツ」と「スポーツ報知」を買って来てくれ、読み方まで説明してくれました。スポーツ記事は日経より確かにスポーツ新聞!開眼しました。スタッフの粋なおもてなしとスポーツ新聞の面白さに幸せ絶大。2つの新聞は永久保存版。

その6:雨上がりの虹
新幹線の窓から外を眺めていたら、雨上がりの空に虹が出でいるのを見つけました。
“あっ、虹!”見知らぬ隣のおじ様にも、「見て下さい!虹です」と思わず声をかけてしまいました。その虹は何と、ダブルになっていたのです。皆さん見たことありますか?私は初めて。二重の虹はラッキーの二乗!?。虹の根元には宝物が埋まっているという話がありますが、二重の虹はチャンスが二倍になるようでワクワクしました。きっと天使が雨上がりの空にいたずらをしたのですね。虹をみている人はみんな笑顔で写メ。幸せな瞬間!

 次から次に幸せの瞬間が蘇ってきます。スタッフがPCで困難な資料を作成してくれた時、美味しいランチを用意してくれた時、講師がお客様から高い評価を頂いた時、受講者と一体になった研修ができた時、お誕生日を皆が祝ってくれた時、受講者の昇進昇格や結婚の連絡が入った時、ひまわりの花の中に沢山ハートがあることを知った時、ボールペンを最後まで使い切ったり、洗濯物のアイロンがけが終わった時、・・書き切れないです。
 さりげない日々の生活の中で「幸せ」と感じる瞬間がたくさんあるのですが、残念ながらその時は気付かないものなのですね。もったいないことです。

 皆様も一年間を振り返り、身近な「幸せ」を発見したことを、研究会のメールアドレス宛てにお知らせください。それをまとめて「ちょっと幸せノート」を作成したいです。

 今年も一ヶ月を切ってしまいましたが、何気ない事柄を「愛おしむ」ことができれば、日々をもっと豊かなものにできます。「愛おしむ」という言葉には「惜しんで大切にする」という意味があります。すさまじいスピードで情報が駆け巡り、世界情勢もどんどん変化し続ける現代だからこそ、普段の何気ない時間の中にもっと「幸せの瞬間」を感じながら生きる心構えを持ちたいものです。
 どうぞ令和元年12月を大切にお過ごしください。

LOVE
植田亜津子

〒112-0004 東京都文京区後楽2丁目2番17号 NBD三義ビル

03-3812-9111(代) / FAX.03-3812-8213

お問い合わせ