研修のねらい

本研修は、初めて簿記・財務を勉強する方、勉強したことはあるが苦手な方を対象に、簿記の仕組み・流れから講座を進めていきます。また、演習問題等を通じて、企業の財務構造をわかりやすく解説し、財務知識が仕事にどのように活かされるのかをイメージしながら、総合的に財務力が強化されるよう進めます。

<研修のポイント>

 1.日々の取引から決算書を作成する(決算書の作り方を学習し、自ら作成する)

 2.できあがった決算書から決算書の内容について分析する(決算書から情報収集)

 3.ベネフィット&コスト感覚を身につける(基本的な財務感覚を身につける)

 4.決算書を活用したビジネスコミュニケーション(資金ニーズのツボを掴む)

 

対象者

 初級行職員(2年以内程度)

 

研修日数

 3日間
 ※研修日数はご要望に合わせ、ご提案させていただきます。

 

研修カリキュラム

1.簿記会計の仕組み
  (1)簿記システムの理解
  (2)簿記上の取引の認識
  (3)取引から仕訳までの処理
  (4)仕訳から元帳までの処理
  (5)元帳から決算書までの処理
  (6)決算書から企業をイメージする
  (7)決算書を活用したコミュニケーション

 

2.貸借対照表分析
  (1)貸借対照表の様式
  (2)貸借対照表の見方[演習]

3.損益計算書分析
  (1)損益計算書の様式
  (2)損益計算書の見方[演習]
   
4.キャッシュフロー分析
  (1)キャッシュフローの様式
  (2)キャッシュフローの見方[演習]
  

5.決算書をイメージしたコミュニケーション

6.財務知識の確認
  (1)経済・経営環境の把握
  (2)計数知識の整理

7.財務視点からの商業活動分析[演習]

8.財務からの課題解決
  (1)財務的思考力の強化
  (2)財務コンサルティング能力の向上