研修のねらい

地域に密着し、より一層の地域密着型金融の推進を強化するため、本講座では、事業性評価に基づき、事業所の成長可能性を見極めるための「現場観察のあり方」「キーパーソンとの信頼関係の構築」「セールス話法の活用」「財務資料からの提案・アドバイス」等について習得します。

<研修のポイント>

 1.インターバル中、課題に対し実践活動を行い、次回の研修時に成果発表と共有

 2.講義・事例研究を踏まえた受講者の参加型研修

 3.訪問活動における融資ニーズを捉える

 4.現場活用できるロールプレイングの実践

 5.財務分析力の習得と提案・アドバイス力の養成

 

対象者

 中堅行職員

 

研修日数

 2日間
 ※研修日数はご要望に合わせ、ご提案させていただきます。

 

研修カリキュラム

1.事業性評価に基づく渉外活動とは
  (1)目利き能力・コンサル能力の向上
  (2)現場において「ここを観察する」

2.地域密着型金融の推進と効果的な渉外活動への挑戦
  (1)業績アップのためのセールスのステップ
  (2)渉外活動のプロセス
  (3)事前準備と訪問予定表の作成
  (4)訪問目的の明確化

3.セールス話法を活用する
  (1)話法の事前準備は出来ているか
  (2)アプローチの心構え、留意点
  (3)クロージングにおける反対・抵抗への克服
  (4)現場情報のキャッチ

4.ロールプレイングの展開
  ◎次回研修までの課題


  ◎課題発表

 

5.企業の業績のつかみ方
  (1)貸借対照表から安全性・健全性をチェックする
  (2)損益計算書から収益性・成長性をチェックする

 

6.業種別企業の特徴等をつかむ
  ~現場のどこをチェックするか~
  〇製造業   〇建設・土木業
  〇小売業   〇飲食業
  〇不動産業  〇介護福祉事業 等

7.ロールプレイングの展開
  ~事例企業のケーススタディ~

8.まとめ