ねらいと目的

 新時代の監督者には、高い倫理観とコンプライアンスの着実な実践を確保できるリーダーとしての姿勢が求められます。本研修は、今、監督者に求められている部下指導力(コーチング力)の強化を図り、監督職のリーダーシップを開発を目的とします。

 

対象者

監督職(係長級職員)

 

研修日数

2日間
※研修日数はご要望に合わせ、ご提案させていただきます。

 

研修カリキュラム

1.新時代の監督者の条件と必須スキル
 (1)時代の潮流を掴む
 (2)コンプライアンスと公務員倫理
 (3)監督者の新しい役割と課題

2.監督者としてパワーアップ
 (1)上司力の向上
  ①今時の“上司vs部下”
  ②部下のエンパワーメントとモチベーションアップ
  ③部下と係わる力を高める

 (2)コーチング力を付ける
  ①コーチングとは
  ②コーチ(監督職)の役割
  ③5つのコーチングスキルと部下の行動
  ④スキルトレーニング
  ⑤コーチングとティーチング

 (3)組織活動(チーム活動)の強化
  ①組織のメカニズムを知る
  ②機動するチームづくり
  ③監督職に求められるリーダーシップ

3.監督者として行動力の強化
 (1)リーダー目線からマネージャー目線に
 (2)立場の自覚とキャリア形成
 (3)明日に向かって今から