NBDグループの研修・講座

金融仲介機能のベンチマークに対する組織対応

地域金融機関の生き残り戦略

研修名 金融仲介機能のベンチマークに対する組織対応
ねらいと目的 地域金融機関の生き残り戦略
ポイント <キーワード>
_革(意識・行動・組織)
営業推進(選択と集中)
収益(持続可能性)
過去のやり方では生き残れない。変化に対応した者だけが生き残る。大いなる勇気をもって過去と決別し、ベンチマークの導入により、新たなビジネスモデルを構築する為、役員・管理者の挑戦と決断を実行すべき時。
受講人数 24人 研修日数 2〜3時間
主な担当講師 日本ビジネスドック株式会社 専務取締役 中村 貴範 他
カリキュラム(1日目)
1.「地域金融機関」経営の現状
・大口貸出       <金利低下>            
・肩代り競争
・アパ・マンローン
・「インタレスト」+「フィ」
・2足の草鞋(融資・市場運用)
・規模・特性・リスクプロファイルに応じた経営が見えない

2.5年〜10年後のビション作り
 (1)私達は何をすべきなのか? ※お客様の真意を知る
 (2)「経営戦略」の見える化

3.「ベンチマーク」によるビジネスモデルの実現
 (1)金融行政のスケルトン
  .廛螢鵐轡廛
  ▲戰鵐船沺璽
  事業性評価と目利き力
 (2)「ベンチマーク」への対応
   屮戰鵐船沺璽」の真意
  ¬魄・管理者のミッション
  もう1つのベンチマーク ※ローカルベンチマーク